日月荘

高倉通竹屋町下ル

京都へ 日月荘へ

ここにしかない時を愉しむ京都の「はなれ」

京都へ 日月荘へ
日月荘の過ごし方日月荘の過ごし方日月荘の過ごし方
日月荘のしつらえ

調度品の、ひとつひとつを、心をこめてしつらえるおもてなし

日月荘のしつらえ

お茶室のある町家。昔ながらの蔵、市中の山居の庭。その景色は、心に響く情趣ある空間。ここにしかない特別が、京都の奥深いところへ誘う

壷中日月長(こちゅうじつげつながし)

壷の中のような小さな世界でもつねに平和で悠々とした時間が過ごせる?。後漢書という中国の古い歴史書に出てくる言葉です。